概要
あらすじ

高校生活にも慣れてきた頃、あなたはクラスメートから誘いを受けます。
それは【こっくりさん】でした。
馬鹿馬鹿しいと教室を出て、あなたは家へ帰ります。
気だるさを覚えてひと眠りしようと横になったあなた。
休息の後視界に飛び込んできたのは、幽霊の男の子でした。
男の子はあなたを酷く気に入り、あなたは戸惑いながらも生活を共にする羽目になってしまいます。

徐々に明らかになってくる男の子の素性……。
男の子の身体は今も生きていました。
男の子は既に幽霊である自分を受け入れているようですが、あなたはどうも納得が出来ません。

あなたは男の子を説得したり、宥めたりしながら男の子の真意を聞き出すことにします。
さて、彼の口から出る本当の気持ちとは?

キャラクター(初期設定)
主人公

デフォルト名:楠木 凛(くすのき りん)
高校一年。実家から隣の市の高校まで電車通学。
部活には入らず、普段は大体アルバイトをしている。割と大雑把。

水戸 匡輝(みずと まさき)
匡輝

中学三年。至って普通? の幽霊。
ひょんなことから主人公の前に現れた。隠し事がある様子だが……

神崎 聡(かんざき あきら)

聡

高校一年。主人公の友達。
面倒くさがりに見えるが割合面倒見はいい方。
中学一年の頃から主人公とウマが合い、学校では何かとつるむことが多い。

干葉 遼平(ひば りょうへい)

遼平

高校三年。バイト先の店長の息子。髪は染めている。
友達からのあだ名は「ちば」(漢字が似てるから)
見かけに反して性格は比較的穏やかで主人公に圧され気味。

木崎 恭介(きざき きょうすけ)

画像なし

29歳。あなたの街のお医者さん。
現在とある少年について考えていることが多い。

考えていたことなど